先輩からのメッセージ

在校生からのメッセージ

在校生
49期生 中村莉奈さん
広島県立総合技術高等学校
私は食べることが大好きで、食べることが幸せだと思っています。高校は福祉科を専攻していましたが、医療系の科目を学ぶ中で「歯が在ることで食べることが出来る。自分の歯だからこそおいしく食べることが出来る。それが幸せに繋がり、生きる楽しみが増える」ということが分かり、そんな幸せをお手伝い出来る歯科衛生士という職業に憧れを抱くようになりました。
 家は東広島市で福山市の学校に通うよりも広島市へ通う方が遥かに近く通いやすかったのですが、オープンキャンパスに参加して設備が整っていること、小さい子から高齢者まで幅広い年代の方々と関わることの出来る実習が多いこと、大学病院実習や歯科医院での実習も充実していることがこの学校を選んだ決め手でした。
 入学してから直ぐの授業は座学が多く、聞いたことのない言葉や単語が山ほどあり「こんなに沢山のことを頭に入れられない!」と思いましたが、歯科医師の先生方や専任の先生方が簡単に分かりやすく教えて下さり、自分でも見て分かりやすいノートを作成し、最初の頃に比べ少しずつですが勉強がやり易くなりました。後期からは実習が多くなり、お互いの口腔内で行うことが増えました。実習中は「歯科衛生士さんぽいな。完璧に出来たらかっこいいだろうな」と思いながらやっていますが、いくら頭で想像出来ても実際には上手く出来ないので、放課後に友達と残って練習し、コツコツと技術を身に着けています。
 これからもっと難しい実習が増えてくると思いますが、多くの人の幸せを増やすことが出来、口腔内を安心して見せてもらえる歯科衛生士になりたいので、国家試験合格に向けて頑張っていきます!!

在校生
49期生 兼田麗菜
広島県立福山商業高等学校
 専門学校に入る前は社会人として働いていました。その時、「本当に今のままでいいのか」と思うようになりました。そして本当に興味があることをしようと決め、以前から気になっていた歯科衛生士になろうと決意し入学をしました。入学してから2カ月くらいは、コロナの影響もあり生活面や勉強面で不安が多くありましたが、先生方や周りの皆からの支えもあり無事に乗り切ることが出来ました。
 前期の授業は基礎の座学が多く、後期になると実際に学生同士がお互いに口腔内を触って実習をしていきます。最初は不慣れなことばかりですが、現役の歯科医師の先生方から講義実習を受けているので、分かりにくい所は要点をまとめ、分かりやすく丁寧に教えて頂き、とても勉強し易い環境だと思います。
 まだまだ不慣れなことが多く、実習も上手くいかないことばかりなので、放課後は自分で納得出来るまで沢山練習をして行き、臨床の場ではスムーズに行えるように技術を磨いていきたいです。  また高齢化社会の中で、これからもっと一人ひとりの口腔内への意識や、歯科衛生士の需要が高まると思うので歯科衛生士の資格を取り早く活躍したいと思っています。
 私は新しいことを日々経験していくことが好きなので、年々変化していく歯科医療を学ぶこれからの授業や卒業して歯科衛生士となり歯科医療の場で働くことを考えるととても楽しみです。入学してから約半年が経ちますが、入学する前よりも更に歯科衛生士への憧れや期待が強くなりました。これも先生方やクラスの友人の支えがあってのことだと思います。
これからも先生方に認めて頂けるような立派な歯科衛生士になれるように頑張っていきます。