学校について

校長あいさつ
本校は昭和47年の創立以降2,180名の
優秀な卒業生を送り出して参りました。
平成18年より3年制に移行し、
充実した講師陣が皆様に信頼される
優秀な歯科衛生士の養成に取り組んでいます。
歯科衛生士の役割は全ての人にとってとても大切であり、
今後更なる超高齢社会を迎え、
専門的な分野としての重要性は益々拡がっています。
一生続けられるすばらしい仕事、歯科衛生士国家資格に是非挑戦してください。
沿 革
昭和46年10月社団法人福山市歯科医師会より福山歯科衛生士学院を設立
昭和47年2月厚生大臣より指定を受け、各種学校県知事認可を受ける
昭和47年4月福山歯科衛生士学院(1年制)として福山市御門町に開校
昭和55年4月福福山市南蔵王町(現住所)へ移転
昭和56年4月福山歯科衛生士専門学校(2年制)として専修学校に昇格
平成18年4月専門学校福山歯科衛生士学校に改称

修業年数を3年制に変更
教員紹介
校長志田原 早苗
教務部長荒木 光徳
学生部長平地 正茂
副学生部長 平田 一成
育成部委員長鳥枝 剛士
育成部委員日野 泰樹
育成部委員下江 正幸
育成部委員 池田 量
事務長有根 孝彦
副教務主任藤原 里実
専任教員西本 優子
専任教員藤本 真姫
副校長横山 晴洋
副教務部長太田 吉宣
育成部委員越智 大輔
育成部委員小川 由希子
教務主任吉田 千景
専任教員吉沢 律子
専任教員藤井 菜摘
顧 問
広島大学病院主席副病院長柴 秀樹
一般社団法人広島県歯科医師会会長甲野 峰基