福山市歯科医師会付属 専門学校 福山歯科衛生士学校

電話番号

校長あいさつ

本校は昭和47年の創立以降2,030名の優秀な卒業生を送り出して参りました。 平成18年より3年制に移行し、充実した講師陣が皆様に信頼される優秀な歯科衛生士の養成に取り組んでいます。歯科衛生士の役割は全ての人にとってとても大切であり、今後更なる超高齢社会を迎え、専門的な分野としての重要性は益々拡がっています。一生続けられるすばらしい仕事、歯科衛生士国家資格に是非挑戦してください。
kouchou

本校の魅力

福山市歯科医師会の附属校であり、市内で開業されている歯科医師(会員)による現場に即した内容の講義・実習を受けることができ、卒業後も即戦力として活躍できる知識・技術を身につけることができる。また、経験豊富な専任教員が学生の性格・学力を理解し個々人に合った指導方法で歯科衛生士免許取得までの道のりをサポートします。

本校の特色

備後地区唯一の歯科衛生士養成校で、地元出身者が地元で学習し就職することで地域医療に貢献しています。また、実習は地元の歯科医院・矯正歯科医院を始め幼稚園・小学校・高齢者施設・障がい者施設・広島大学病院・岡山大学病院と幅広く学ぶことができ、各ライフステージに応じた対応を学ぶことができます。

教育方針

いかなる立場にあっても、職務を全うできる
能力をもった歯科衛生士の養成。

1  歯科診療の場で、診療補助業務が十分できる能力。
2  口腔衛生実技に熟達し、その技量を十分に発揮し責任を全うできる能力。
3  臨床の場で、患者に対し歯科保健指導が十分にできる能力。
4  公衆歯科衛生の場においても現場活動が十分にできる能力。
5  常に医療人としての論理に基づいた行動ができる能力。

沿革

昭和46年10月 社団法人福山市歯科医師会より福山歯科衛生士学院を設立
昭和47年 2月 厚生大臣より指定を受け、各種学校県知事認可を受ける
昭和47年 4月 福山歯科衛生士学院(1年制)として福山市御門町に開校
昭和55年 4月 福山市南蔵王町(現住所)へ移転
昭和56年 4月 福山歯科衛生士専門学校(2年制)として専修学校に昇格
平成18年 4月 専門学校福山歯科衛生士学校に改称
修業年数を3年制に変更

教員紹介

校長
志田原 早苗
副校長
横山 晴洋
教務部長
門利 哲也
副教務部長
荒木 光徳
学生部長
太田 吉宣
副学生部長
池田 量

育成部委員
平地 正茂
育成部委員
鳥枝 剛士
育成部委員
平田 一成
育成部委員
日野 泰樹
育成部委員
越智 大輔
事務長
有根 孝彦
教務主任
吉田 千景
副教務主任
藤原 里実
専任教員
吉沢 律子
専任教員
西本 優子
専任教員
藤井 菜摘
専任教員
藤本 真姫

顧 問

広島大学病院主席副病院長
津賀一弘
一般社団法人広島県歯科医師会会長
荒川 信介