福山市歯科医師会付属 専門学校 福山歯科衛生士学校

電話番号

在校生からのメッセージ

~憧れの歯科衛生士をめざす在校生~

messe_seno

45期生
妹尾 桃子

私が歯科衛生を目指そうと思ったのは、小学校の時でした。小さい頃から歯科医院に行くことが好きで、そこで働く優しくて笑顔の素敵な歯科衛生士さんに憧れ、私もそんな歯科衛生士になりたいと思ったのがきっかけです。そこで、数々の専門学校がある中、実際に開業されている先生方の講義や実習が受けられる福山歯科衛生士学校への入学を決めました。
学校に入学して三カ月経ち戸惑ってばかりだった専門的な勉強にも少しずつ慣れてきました。分からないことがあると友達と教え合いながら勉強をしたり、歯科医院でアルバイトをしたりと今はとても充実した日々を送っています。
歯科医院のアルバイトでは、実際に治療をされているところを見学させて頂き、様々な患者さんの口腔内を見ることができ、とても貴重な体験ができます。また、先輩方が歯科に関する色々なことを教えてくださるので良い勉強になります。このアルバイトで、憧れの先輩と一緒に働くことができ、歯科衛生士になりたいという思いがどんどん強くなっていきました。
勉強は大変ですが、担任の先生が言われていた「夢は叶う」という言葉を胸に、三年後に立派な歯科衛生士になれるよう45期生みんなで頑張っていきたいと思います。

(平成28年記)


messe_seno

46期生
笠松優希

私は、中学の時から医療関係の仕事がしたいと考えていました。しかし、特にこの仕事がしたいというのはなくて進路に悩んでいました。そういう時、親に「歯科衛生士はどうかな」と言われたことがきっかけで、この学校のオープンスクールに参加しました。1番印象に残ったことは3年の先輩に歯を診てもらったことです。先輩たちが機器を持って歯を磨いているのを見てびっくりしました。本当に歯科医院に行ったようでした。学校には診療室や実習室に一人ひとり椅子の横に顎模型がセットできるファントムが置いてあって本格的だなと思いました。学校の雰囲気も落ち着いていて、私はこの学校に入学することを決めました。
この学校に入学して4カ月が過ぎました。最初は話せる友達がなかなかできなくて緊張していましたが、4月の合同合宿や実習、月1回ある席替えなどで今は友達と一緒に勉強することがとても楽しいです。
6月の後半からはテストが始まり、初めて受ける教科がほとんどで、また教科数も多く大変ですが、授業でわからないところは先生や友達に聞いて頑張っていこうと思います。
実習は、実際に友達の口の中でお互いに行います。最初は上手くいかないですが、徐々に慣れとても楽しく充実しています。
覚えることが多くて大変ですが、これから3年間勉強・実習をかさねて患者さんの心によりそえる歯科衛生士を目指していきたいです。そして国家試験の合格を目指し46期生のみんなと共に頑張っていこうと思います。

(平成29年記)


messe_seno

47期生
田中祐那

 高校生の頃、進路について特にやりたいこともなく悩んでいたときに、母から歯科衛生士の職と福山歯科衛生士学校を薦められました。母が関係者というのもあって元々医療に興味はありましたし知り合いの卒業生の方の話や資料などで歯科衛生士について調べていくうちに興味が湧き、やってみようと思い入学を決めました。
 入学してしばらくは、慣れないスケジュールや専門的な授業内容に不安や戸惑いの連続でしたが、授業で先生方が要点を丁寧にまとめて教えてくださるので、きちんと聞いていればとてもわかりやすいです。何よりも専門的に歯科衛生について勉強していくにつれ、歯科衛生士は自分が考えていたよりも沢山の活躍の場があること、そして老若男女様々な立場の人達から頼りにされる仕事だということを改めて知り、入学前よりも自分が将来就く仕事についての期待や憧れが高まっています。「絶対に歯科衛生士になりたい」と思って入学したわけではない私がこのような考えに変わるのだから本当に素敵な職なのだと思います。
 6月後半からテストが始まったり相互に口腔内で実際に器具を扱うような本格的な実習も増えてきて、ますます毎日が充実してきています。新しくできた友人達と助け合い教え合いながら立派な歯科衛生士になれるよう努力を重ねていきます。

(平成30年記)

~大学卒業・社会人入学の在校生~

messe_maki

45期生
牧平 知子

私が歯科衛生士を目指したきっかけは、姉に言われた一言でした。 私は以前医療に関わる仕事をしていましたが、働けたらなんでもいいという気持ちで就職しました。 しかし、働いて数年が経ち、これから自分はどうしたらいいのか、何ができるんだろうかと考えるようになりました。
そんな時に看護師の姉に相談すると、「貴方は、細かいこと好きだし、几帳面だし、歯科衛生士なんてどう?」と言われ、最初はこの年で学校に行くなんて考えてもみなかったのでとても躊躇しましたが、歯科衛生士について調べているうちに少しずつ興味が湧いてきて、姉のすすめもありやるなら今しかないと思い学校を受験することを決心しました。
受験すると決めて学校を探していると福山歯科衛生士学校のHPを見つけ、在校生の言葉や勉強している姿を見て私もここで学びたいと強く思い、合格した時は本当に嬉しかったです。
金銭面のことも心配していましたが、ハローワークで教育訓練給付金のことを教えて頂いて、今は安心して学校に通っています。
入学してからは、周りは年下ばかりで仲良くしてくれるか、ちゃんとやっていけるかと心配でしたが、みんな優しくていい子ばかりで毎日が楽しいです。慣れない専門的な勉強や実習について行くのは大変ですが、3年間みんなで支え合いながら頑張っていきたいです。

(平成28年記)


messe_maki

46期生
齋藤みのり

私は、この学校に入学する前は、歯科助手として歯科医院に勤務していました。患者さんと接する中で、治療についての説明が十分にできなかったりすることに、もどかしさを感じていました。また、歯科衛生士の方の口腔内洗浄やスケーリングを見ていて患者さん一人一人のお口に合ったやり方で器具を操作したり、分かりやすい説明と指導を見て、私もそのような知識や技術を身につけたいと思うようになりました。歯科助手は、患者さんの口腔内に触れることができないため、幅広い知識・技術をつけるには、歯科衛生士の国家資格が必要と思い、この学校に入学しました。学校の入学試験前は、不安もあり大変でしたが家族や歯科医院の皆様の助けもあり勉強を頑張ることができました。
歯科衛生士学校に入学して、年下の同級生と仲良くなれるか不安でしたが、皆明るく元気な学生が多かったので、仲良くなれ友達もできました。授業では、専門的なことを学ぶので難しいですが、皆で分からないところは教え合いながら頑張っています。実習も始まり、慣れないことが多いですが、自分の今まで知らなかったことを学ぶことができている嬉しさがあり、苦しいこともありますが毎日が充実しています。自分の目標とする歯科衛生士になるため頑張っていこうと思います。

(平成29年記)


messe_maki

47期生
熊本千尋

 私は学校に入学する前は、総合病院で看護助手として働いていました。入院中の高齢者の方や歯科・口腔外科の患者さんと接する中で「お口の健康は全身の健康につながる大切なこと」ということを知り、そこで活躍する歯科衛生士さんを見て、私も子供から高齢者まで幅広い年齢層の人々の健康を守ることのできる歯科衛生士になりたいと思うようになりました。
この学校を選んだのは、学校見学に来て設備が充実していることや歯科医院を開業している歯科医師の先生の講義・実習を受けられることを知り、この学校なら確かな知識や技術を身に付けられると思ったからです。
 入学して4カ月が経ちますが、入学当初は聞き慣れない専門用語が多くでてくる専門分野の講義が難しく覚えられるか不安になることもありました。先生が丁寧に説明してくれて、友人と教え合いながら理解し、今は新しい知識が増えていくことが1歩ずつ成長しているようで嬉しくやりがいを持って学んでいます。
私は通学に車で1時間半かかり子供がいるので大変なこともありますが、家族や友人の支え、学校の先生のサポートのおかげで学業と両立できています。また、学費が安く、社会人の就学支援制度を活用しているので金銭的な心配もなく充実した日々を過ごしています。
これから実習も始まり大変だと思いますが、患者さんはもちろん歯科医師・同僚にも信頼される歯科衛生士になれるよう精励します。

(平成30年記)

活躍する卒業生からのメッセージ

messe_10

44期卒業
青木友佳 渡辺矯正歯科

 私は福山歯科衛生士学校を卒業して、今は渡辺矯正歯科へ勤務しています。
学生時代は、勉強や臨地実習などで大変でしたが、一緒に頑張るクラスの仲間との協力や先生方の熱心な指導のおかげで、色々な知識や技術を身に付けることができた3年間でした。
国家試験前は毎日、不安と緊張の連続でしたが、周囲の支えとアドバイスのおかげで最後まで乗り越えることができました。
そして今は、歯科衛生士として働いていますが、まだ入社して間もない私は、分からないことも多く、院長先生とスタッフの方の足を引っ張り、申し訳なく思っています。でも、そんな私を傍で見守り、いつも励まし優しく教えてくれ、アドバイスなどもしてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。私も皆さんの力になれるよう日々努力し、早く一人前の歯科衛生士になりたいと思っています。
今はまだまだ未熟で失敗の毎日ですが、この日々の積み重ねが私の4・5年経った時の成長に生かせると信じ、諦めずに歩み続けたいと思います。
小さい頃に出会った歯科衛生士さんに憧れ夢みていたことが、実現できたことを本当に誇りに思います。3年間学んできたことを無駄にせず、次は私が憧れられる歯科衛生士になれるよう自分を磨き、患者さんに信頼され、頼られる存在でありたいと思います。
今までお世話になった歯科衛生士学校の先生方、クラスのみんな、歯科アルバイトや臨地実習医院の皆様、本当にありがとうございました。

(平成30年記)

messe_10

43期卒業
周藤 彩 ひらた歯科

私は、福山歯科衛生士学校を卒業後、歯科医院に勤めています。学生生活は、長いようであっという間の3年間でした。人と接する仕事、人の役に立つ仕事に就きたいという思いで歯科衛生士を目指し、この学校へ入学しました。慣れない授業や実習ではなかなか思うようにいかないことも多く悩むこともありました。そんな時に、力になってくれたのはクラスメイトや先生方でした。たくさんの方の支えで、乗り越えることができたと思っています。
働きはじめてから今日までの数か月間は、今まで以上に学ぶことが多く、本当にあっという間に感じています。自分の力不足に悩むことばかりで先生や先輩方の励ましアドバイス受けて頑張っています。私は、歯科衛生士に向いていないのではと思うこともありますが、働いてみてやっぱり歯科衛生士は素敵な仕事だと改めて思っています。まだまだ未熟な部分ばかりですが、患者さんに「ありがとう」と言葉をかけてもらえると歯科衛生士になって良かった。もっと患者さんの役に立てるよう頑張ろうと思います。
私の目標は、患者さんに「この人についてもらって良かった」と思ってもらえる歯科衛生士になることです。早く少しでも目標に近づけるよう確実にスキルアップして立派な歯科衛生士になりたいです。

(平成29年記)


messe_10

42期卒業
松尾菜生 猪原歯科・リハビリテーション科

私は福山歯科衛生士学校を卒業後、歯科医院で働き始めて1年目になります。学生時代は正直、「絶対に歯科衛生士になりたい!」と心底思って福山歯科衛生士学校に入学したのではなく、とりあえず何か資格があれば将来役に立つだろうと思い入学しました。
学生生活の3年間は、たくさんの試験や行事、臨時実習などとても忙しい日々であっという間でした。無事国家試験に合格する事が出来たのは、優しく手を差し伸べ時に厳しく接してくれた担任の先生をはじめ、多くの熱心な先生方からのサポートのおかげです。なにより楽しい時や辛い時を一緒に分かち合い、支え合いながら共に過ごしたクラスの仲間に出会えた事が1番の宝物です。
今私は自信を持って歯科衛生士の道を選択して良かったと言えます。
歯科衛生士は歯科医師のただの助手ではなく、立派な専門職である事を現在働いている猪原歯科・リハビリテーション科で実感しています。猪原歯科では痛い時に駆け込む歯医者さんではなく、健康作りのために通って頂き、生涯おいしく食べ物を食べて頂く事をサポートする歯科医院を目指しています。歯科だけでなく、言語聴覚士や管理栄養士など多職種が一丸となって食支援をサポートしているため、毎日刺激を受けながら働いています。今仕事がとても楽しいです。努力した分、患者さんの笑顔がその先に待っています。
これからもっともっと向上心を持って知識や技術、人間性をレベルアップし、患者さんに寄り添い、一人一人の人生を最後までサポートしていける歯科衛生士になれるよう日々努力していきます。

(平成28年記)


41期卒業
田丸真帆 ふじた歯科クリニック

私は福山歯科衛生士学校を卒業後、歯科医院で働き始めて1年目になります。実際に働いてみると、自分の未熟さ故に大変だと感じることもあります。まだまだ技術を磨き、知識を増やそうと努力しています。しかしそれ以上にいつも喜びを感じるのが、患者さんから「ありがとう」と言っていただけることです。この言葉に元気づけられ、頑張ることができます。また、歯科医院が苦手で緊張や不安を持って来院される方が多くいます。笑顔で挨拶したり積極的にコミュニケーションをとることで、最初は緊張して無口だった方が心を開いて笑顔で話してくださると、とても嬉しくなります。そして今私が歯科衛生士として働くことが出来ているのは、今までお世話になった先生方や先輩方、同じ目標を持つ仲間の存在があったからです。専門学校での3年間は大変なこともありましたが、それが今では良い経験として私の中に残っています。この経験を生かして、信頼される歯科衛生士になれるようにこれからも頑張ります。

(平成27年記)


messe_14

40期卒業
藤井菜摘 福山歯科衛生士学校

高校生の頃は特に夢がなく、とにかく資格が取れればと入学した私でしたが、この学校で歯科について学ぶにつれ、歯科衛生士という仕事に興味がわき、2年生の後半から始まる臨地実習では、実際に臨床で働き、テキパキと仕事をこなす歯科衛生士さんを間近で見て、歯科衛生士になりたい思いは夢へと変わっていき、歯科衛生士になるんだと強く決心しました。
3年間の学生生活は一言では言い表せないくらい楽しかったことも辛かったこともたくさんありました。けれど同じ目標を持つ大切な仲間たちや尊敬できる先生方に出逢え、大変だった勉強や実習もみんなで励まし支え合いながら1つ1つ乗り越えていくことが出来ました。思い出に残るとても充実した楽しい3年間でした。
現在、福山歯科衛生士学校を卒業し、臨床を3年経験した後に母校へ戻り専任教員として勤務しております。学生のころとは違い、歯科衛生士になると責任も重くなり、覚えることややらなければいけないこともたくさんあり悩むことも多いですが、そんな時は学生時代の仲間たちとお互いに励まし合うとまた頑張ろう!と思います。そんな仲間たちは私にとってかけがえのない大切な存在です。まだまだ足りない部分がありますが優しく頼りになる先生方に助けていただきながら、歯科衛生士になれた自覚をもって、自分なりに精一杯頑張っています。福山歯科衛生士学校で学び、経験した多くのことを生かし、学生たちに伝えていきたいと思います。

(平成29年記)


messe_13

39期卒業
倉本桃子 福山市民病院

私は福山歯科衛生士学校を卒業して、現在は福山市民病院の歯科口腔外科に勤務しています。学生時代は、入学当初から病院の歯科衛生士になりたいと思っていたため、この目標に向かって日々努力しました。試験や実習を辛く思う時もありましたが、クラスのみんなで励まし合って乗り越えることができました。また、国家試験では先生方の熱心なご指導や家族の支え、そしてクラスのみんなで合格するという目標があったので頑張ることができました。無事全員で合格できて本当に嬉しかったです。福山歯科衛生士学校では、歯科衛生士という夢に向かって多くのことを学ぶことができ、仲間との充実した学生生活を送ることのできた三年間となりました。
そして現在は、福山市民病院の歯科衛生士として日々患者さんのケアを行っています。歯科口腔外科は今年から新設されたため、歯科衛生士の先輩がいないことに戸惑うこともありますが、歯科医師の先生方や看護師の方々に教えていただきながら、たくさんのことを学ぶことができています。歯科医院とは違い、全身疾患を持つ患者様が多いため、その病気についての知識が必要となります。学校で学んだことばかりでなく、まだまだ聞き慣れない医療用語に日々勉強している毎日です。慣れない職場で悩むこともありますが、患者様から「ありがとう」という言葉をいただき、歯科衛生士として1年目の私にもできることがあるのだと思うと嬉しく、やりがいを感じています。
今はまだできないことも多くありますが、患者様への誠意の気持ちを忘れず歯科衛生士としてできることを精一杯、行っていきたいと思っています。また、歯科医療に不安や恐怖を持つ患者様へ安心感を与えられるよう、私自身が日々笑顔を絶やさず、常に寄り添う気持ちを忘れない歯科衛生士でありたいと思うと同時に、これから益々多くのことを学び、様々な患者様と接することで日々前進していきたいと思います。

(平成25年記)


messe_07

38期卒業
槇元捺美 すずき歯科クリニック

私は福山歯科衛生士学校を卒業後、歯科医院に勤め始めもうすぐ1年が経ちます。学生時代は、勉強や臨地実習と忙しい毎日でしたが、友人と楽しい時間を過ごすことができ、臨地実習では様々な症例を見たり、歯科衛生士さんからたくさんのことを学びました。そして、先生方からの熱心な指導の元、無事クラス全員が国家試験に合格することができました。
就職してからは、初めてのことに戸惑うこともありましたが、学生の時とは違い社会人としてより責任感も増し歯科衛生士として精一杯努力する毎日です。職場の先輩方の仕事への熱心な姿、常に学ぼうとする向上心の高さに圧倒されながらも、日々成長しています。こんなに頑張ることができたのも担当の患者様をもてたこと、そして患者様と関わることの楽しさ、仕事へのやりがいを感じることができたからだと思います。自分を支えて下さった家族や友人、先生方や先輩に感謝しながらこれからも歯科衛生士としてスキルアップしていきたいと思います。

(平成25年記)


messe_08

37期卒業
奥薗綾子 IKEDA DENTAL CLINIC

私は福山歯科衛生士学校を卒業後、歯科医院へ就職して2年目になります。
学生生活の3年間は勉強や臨床実習などで忙しく大変で何度もくじけそうになりましたが、同じ目標に向かって頑張る仲間達と共に支え合い、励まし合って充実した学生生活を過ごすことが出来ました。
就職したばかりの時は、分からないことも多く、自分は歯科衛生士に向いていないのではないかと悩むこともありましたが、同期の友人に相談することで“また頑張ろう”と思える意欲をもらいました。歯科衛生士学校で出会えたかけがえのない仲間はいつも私の支えです。
2年目になった今でもまだまだ失敗することが多く、技術的なことでだけでなく患者様も小さなお子さんからご年配の方まで幅広い年代の方が来院されるので、一人一人に合った対応の仕方など難しく苦労することも多いです。しかし、先輩からのアドバイスをもらいながら自分なりに精一杯頑張っています。今は以前よりも仕事に慣れ、患者様と接することが楽しく、何より「ありがとう」と言って頂けた時は嬉しく歯科衛生士としてやりがいをとても感じます。
これから、一人でも多くの患者様に「ありがとう」と言って頂けるよう技術を磨き、信頼される歯科衛生士を目指し頑張りたいと思います。

(平成25年記)


messe_09

36期卒業
福本智子 木村歯科診療所

私は、福山歯科衛生士学校を卒業して3年が経ちます。今、勤務している木村歯科医院は、学生時代にアルバイトをさせて頂いていた医院です。初めてアルバイトに行った日に、先生・スタッフの方が活き活きと働かれており、患者様と楽しそうに会話をされている姿に衝撃を受けました。私もここで働き、輝きたいと思い就職を決めました。
働き始めると楽しいことばかりではなく、今まで勉強してきたことよりも、もっとたくさんの知識を増やさないといけない、技術のスキルアップもしていかなければならないなど辛いことも沢山ありました。それでも諦めず続けて来られたのは、成長し続け輝いてる先輩方に励まされたからです。そして、私に成長し輝いて欲しいという先輩方のお気持ちから先輩が手取り足とり指導して下さったおかげです。診療後には、私のために勉強会をしてくださったことで少しずつではありますが身につき、今まで成長できたのだと思います。また、色々なセミナーにも参加させてもらい、知識や技術はもちろん接遇やコミュニケーションのセミナーなども参加し日々勉強しています。
今、私の夢は、患者様に「私に出会えて良かった。また、診て下さい。」と沢山言われることです。まだまだ色々な面でスキルアップして輝きつづける歯科衛生士になれるよう頑張っていきたいと思います。

(平成25年記)